幹細胞コスメの修復洗顔HASウォッシングフォーム

お肌が弱り本来の力を失っていれば、いくら高級な化粧品やヒアルロン酸などの効果のある成分を与えても、思うような結果は出ないものです。
スキンケアの基本は洗顔です。でも、洗顔料の選び方を間違ってしまうと、お肌の持つ本来の力を削いでしまい、いくらお手入れしても結果が出ないことにつながってしまうのです。
HASとはHuman Adipose-derived Stem cell(ヒト由来幹細胞)の略で、幹細胞を培養する過程で生成されるタンパク質の複合体のことです。ヒトにはヒト由来の幹細胞を与えると、馴染みやすくすんなり入っていき、肌自体のエネルギーを回復させることができます。数々の研究・検査を繰りかえした先進テクノロジーから生まれた成分です。
幹細胞とは、自己複製能力(分裂して自分と同じ細胞を作る能力)と、分化能力(別の種類の細胞に分化・増殖する能力を持った細胞のことです。
HASウォッシングフォームには、この幹細胞の培養液から抽出した150種類もの成長因子が含まれ、よりお肌に浸透しやすいようにリポソーム化しています。
また、配合されたモロッコ溶岩クレイが汚れや皮脂を吸着して取り除くと同時に、マグネシウムやカルシウムといったミネラルがお肌を潤わせます。
シエヒロダケ由来のβグルカンは浸透性に優れた成分で、水分を保持しハリやツヤをアップさせます。

HASウォッシングフォームの実力は?

 

HASにはシリーズの共通成分としてホメオエイジがあります。フランス・ブルターニュ半島のイロワーズ海から採取した海藻から開発された成分です。老化によりEGF(細胞の成長と増殖の調整を担う成長因子)に反応しなくなったお肌を活性化し、若々しさを取り戻します。
アマチャズルとムラサキゴジアオイとの混合原料リフォルシルは、自身でセラミドを作り、ハリやツヤを得ることができます。
スエヒロダケ由来のβグルカンはヒアルロン酸以上の保湿力を持ち、日焼けによるダメージを受けた肌を修復します。
そのほかの共通成分として肌のリターンを改善するブドウするエキス、加齢とともに目立つ毛穴を引き締め、きめのととのった肌にするアーティチョーク葉エキス、皮膚コラーゲンに働きかけ、女性らしいしっとりとした肌にするダイズ種子エキスが配合されています。

 

実際に使ってみた口コミと感想

 

きめ細かい泡で洗うととても気持ちいい。すっきりした洗い上がりなのに突っ張らない。使うほどに肌のくすみが解消され、ワントーン明るい肌になった。乾燥肌でも乾燥が気になることがなくなり、つるつるの肌になった、などの声が寄せられています。洗顔後の化粧水などの浸透がよくなることも人気の理由です。
クレイの泡は汚れに吸着するのでお肌を傷めることなく洗うことができます。さっぱりするのに潤うというのが嬉しいですね。

洗い上がりも乾燥知らずの洗顔フォームだから乾燥肌にも

 

HASウォシングフォームにはしっかり長時間保湿できる成分が配合されていますので、洗顔後でも乾燥してつっぱることがありません。そのため、乾燥肌の人でも気にすることなく使うことができます。肌が本来の力を取り戻してきたら、配合されている保湿成分やエイジング効果のある成分の効果を最大限に高めることができます。たるみや毛穴など、気になる部分がいつのまにか改善されていることに気が付くでしょう。
HASウォッシングフォームを使ってお肌が変わり始めたことを実感したら、他のスキンケアの見直しをしてもいいかもしれません。HASのシリーズにはモイストエッセンス、モイストローション、モイストクリーム、バイオマスクなどがあります。いずれもHASシリーズ共通の5成分(ホメオエイジ、HAS、リファルシル、βグルカン、トリプルエイジングケア)が配合されています。
なりたい肌になるために、HASは未来肌を変えていきます。興味を持った人はぜひ一度お試しください。