ヒゲ文化がイマイチ発展しないのは、日本人の風習や骨格が影響しているのでは?ゼロファクター気になる

近年、日本人男性も肌が綺麗になりました。
脱毛エステや髭脱毛クリームが普及してきて髭の処理も盛んに行われているのも要因ですね。(オススメはこれです→ゼロファクター 口コミ
昭和時代のTVや映画は、無精ヒゲの男優さんが白熱の演技をしていた様に思います。
顔の骨格も、男らしい感じで似合っていました。
近所の普通のおじさんも、何故かカッコよく見えたのを思い出します。
一方で、平成生まれの人達はアゴのラインが細いですね。
どちらかと言えば、女性的な顔の印象です。
普通に考えて、ヒゲは似合わないと思います。
更に、最近は男性も脱毛する様でヒゲは邪魔なのかも知れません。
例え、骨格がハッキリしてもヒゲが薄い場合もあります。
外国人のように、体毛等は濃くない場合が多いです。
ヒゲ文化の定着しない決定打は社会性です。
一般的な会社は、ヒゲはNGは未だに多いです。
しかし、平成生まれの人達にとっては関係ないかも知れません。
やはり、肌は綺麗でいたいからヒゲは必要ないようです。